病院TALK

病院でもらえる薬はよく効く

風邪をひいた時や怪我をした時に治療のための薬を処方してくれる場所といえば、病院です。病院にも様々な種類があり、症状や状態によって使い分ける必要がありますが、共通しているのはどんな場所であっても専門家が患者に適切な診察、治療、そして薬の処方などをしてくれる事です。
現在では、薬あるいは薬になりうるものは近所のスーパーに入っている薬局やチェーンのドラッグストアで簡単に手に入れる事ができます。また、最近インターネット上で医薬品を買う事ができるようになった事でますます自己判断で薬を手に入れる事ができるようになりました。つまり、自分で症状を判断し、それに合わせて自分で市販の薬を選び、専門家の意見なしで買う事ができるので、いちいち医者に診療してもらいに行かなくても薬を服用できるのです。特に一時的に頭が痛いだけやお腹の調子が悪い時にはパッと薬を買って服用した方が楽ですし、時間も短縮できますし、出費も抑えられるかもしれません。そういった面では、現代は非常に効率的な時代といえます。
しかし、専門家の意見なしに自己判断で医薬品を買って使うのは場合によりリスクも伴います。病院では専門家である医者が経験や知識を頼りに確実に効くと思われる薬を処方してくれます。ですから、基本的に症状の改善に効かない事はなく、早めに回復する事が期待できます。また、副作用などについての警告や適切な服用方法を聞く事ができるため、安心して服用する事ができます。例え何か問題が起きても、どの薬を服用した結果そうなったのかをカルテや薬手帳から把握してもらえるので、すぐに対応してくれますし、以前相性が悪かった薬があれば代わりになる薬を出してくれます。市販の薬を自分で買った場合、こういったメリットを期待する事はできません。本当に効いているのか、最適な薬なのか、副作用が出たらどうすべきなのかなど、全て自分の責任になりますから、医者に診てもらって出してもらった薬の方がよく効いて安心できるのです。